雑誌掲載率100%の実績

Profile

有限会社マヴェリック 代表取締役社長 桑原夕望子(くわばらゆみこ)

ap15-33988_2

ビューティPRプロデューサー

雑誌の世界に憧れてPR会社に入社、プリント部門(新聞・雑誌)となる。「好きこそものの上手なれ」で一心に取り組み、先ずはデビューの仕事で予想をはるかに超えた驚異の掲載結果を生み出す。社内と顧客から高評価を得て、翌年の昇給では4割アップをもたらしたほど。その後も結果を重ね、主に化粧品やダイエット食品、美容サプリメント、スポーツクラブ、アクセサリー(SWAROVSKI)など、女性向け商品やサービスのPRを次々と手掛ける。

経験を重ねるに連れ、顧客の情報をメディアへ掲載されやすい方向性へ創造する情報化のため、メディア研究を重ね、結果、女性誌におけるビューティ・ダイエット特集で、顧客のニーズ(メディアを通じてターゲットへ情報を届けたい)とメディアのニーズ(ターゲット読者に提案するための情報が欲しい)をマッチさせたパブリシティを数多く獲得。掲載へ導く画期的なノウハウ&システムを構築した。

「コストパフォーマンス」の高いパブリシティを高頻度で獲得出来ると、IPRメソッドで高い評価を得る。 この女性向け商品やサービスのPR経験7年間を活かし、1996(平成8)年10月PR個人事務所マヴェリックを創業。創業を機にPRのカテゴリーをビューティ専門へ特化。1997(平成9)年6月には有限会社マヴェリックへ組織化。これまでの経験にて、コンサルティング支援からプロモーション代行までPR全般をトータルでプロデュース。化粧品・サプリメント・スパ・エステティック・美容クリニックなど、数多くのあらゆるケーススタディが評判を呼び、現在に至る。

ビューティPRにかける想い

ap15-34097_4

学生時代からの雑誌好き。特に女性誌が好きで、ページをめくればそこには自分の知らない憧れの世界がありました。そして、それらは巷では一歩先行く流行として注目されていました。 その雑誌好きが高じて、晴れて憧れのPRの世界へ。

それが25年前の話です。PR会社へプリント担当として入社したのですが、もうワクワクしていました。目の前の情報が、雑誌に!新聞に掲載される!と考えただけで楽しくて仕方がありませんでした。とにかく、女性誌(当時webはなく女性向け商品・サービスが主流だったため)に向けて、どのような戦略で、どのように攻めていこうか作戦を練ったり、実際にキャラバンを行ったり、そんな毎日が刺激的でした。そして、成果を上げて実績を更新していくことに喜びを感じていました。

そこで感じたのが、PR、特にパブリシティにはポテンシャルが大いにあるということ。そしてそのポテンシャルを活かすも殺すも、想い次第。その商品・サービスを、必要としているターゲットに向けて、広く知らしめたい!それも、信頼性の高いパブリシティで届けたい!その想いがポテンシャルを奮い立たせ、メディアにも伝わるということ。私自身もその想いは強く、ポテンシャル追求型と言ってもいいくらいです。なぜならば、PRは活動に従って、様々な変化をもたらします。商品・サービスのステージが上がっていくイメージです。まずは、戦略を立て、情報をメディア向けに整え、アプローチ先も決定し、いざ発信。そして、キャラバンで直接のアタック戦法。成果を見て分析、次の手は・・・と企てながら、メディアとのコミュニケーションを深めていく。そうすると、変わっていくのです。商品・サービスも、関わっている周囲の方々も。モチベーションがアップしていき、ますます愛着が湧いてきます。 もちろん、失敗も数多く、ハードルが高い出来事もありました。例えば、会社員時代に、サプリメントのお客様で、記者懇親会にぜひとも某誌の編集者の方に来ていただきたいとのご要望がありました。早速アプローチでお誘いしたところ、結果は撃沈。「広告も出稿していない企業の記者懇親会なんて、どうして私が顔を出さないといけないんだ!!」と、公衆電話の電話口で怒鳴られてしまいました・・・。あまりの衝撃に「お忙しいところ申し訳ございませんでした。」と、頭を下げながら涙が止まりませんでした。

会社員時代に、女性向け商品・サービスとしてSWAROVSKI、化粧品、ダイエットなどのPRを積極的に行ってきたおかげで、ビューティ専門PRとして独立を果たすことが出来ました。 独立から、もうすぐで19年経ちますが、現在でもポテンシャル追求型の姿勢は実は変わっていません。そのポテンシャルを高めていくメソッド(IPRメソッド)も会社員時代に開発しましたし、現在でも変わらず活動の核となっています。 どんな良い商品・サービスでも、知られなければ必要としているターゲットに届きません。第三者権威の付加価値があるメディアを活用したPR活動は、その商品・サービスの想いを届け、さらに高めていきます。その取り組みのサポートを日々実践し、認知度が上がるPR活動を努めています。